全国TOP >> 沖縄/観光 >> 那覇市 >> 円覚寺跡

円覚寺跡

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

円覚寺跡とは

円覚寺跡 円覚寺跡は、首里城北面にかつて存在した臨済宗の総本山跡。放生橋は沖縄石彫美術の最高傑作といわれ重要文化財に指定される。
沖縄戦でその大半を失い、現在は総門と両側の石垣、右脇門、放生池が復元された。放生橋の勾欄は沖縄石彫美術の最高傑作といわれる。
今週のランキング:288位 エリア:那覇市
ジャンル:寺院 / 史跡 / 旧跡 / 重要文化財 / 歴史的建造物 / 臨済宗 /

概要

名称円覚寺跡
(えんかくじあと)
住所沖縄県那覇市首里当蔵町

アクセス

那覇バスターミナルからバスで30分。モノレール朱里駅から徒歩で10分。

那覇市で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。