全国TOP >> 沖縄/観光 >> 那覇市 >> 玉陵

玉陵

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

玉陵とは

玉陵 玉陵は、歴代琉球王朝の陵墓で県最大の破風墓。「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つとして世界遺産に登録される。発音は「たまうどぅん」。
1501(明応10)年、琉球王尚真(琉球王国第二尚氏王朝の第3代国王)により王朝の陵墓として築かれた。玉陵の設立は、国家的シンボルである王家がその信仰の模範者として墓を整備し、祖先崇拝信仰を国内統治の安定・強化に結び付けようとした意図があったものと考えられている。玉陵は屋根のついている「破風墓(はふうばか)」で、かつては王室のみ造営が許されたものである。
今週のランキング:221位 エリア:那覇市
ジャンル:墓地 / 霊園 /

概要

名称玉陵
(たまうどぅん)
営業時間9:00 〜 18:00
住所沖縄県那覇市首里金城町 1-3
電話番号098-885-2861

アクセス

バス停:首里城公園入口から徒歩で約10分。那覇空港から車で約40分。那覇ICから車で約25分。

那覇市で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。