全国TOP >> 沖縄/観光 >> 豊見城市・南風原町 >> 真玉橋

真玉橋

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

真玉橋とは

真玉橋 真玉橋は豊見城市の国場川に架かる橋で、琉球王府時代、首里王府と南山を結ぶ交通の要所として、首里城および那覇港を防御するために尚真王によって築かれました。沖縄戦で旧日本軍により一部が破壊され、その後、米軍によって鉄橋が架けられました。近年おこなわれた架橋工事の際に、石橋の遺構が発掘され、当時の石畳、アーチ部分など石工技術の高さが確認されます。また、現在の橋のたもとに発掘された遺構の一部が移設保存されています。
今週のランキング:345位 エリア:豊見城市・南風原町
ジャンル:歴史的建造物 / 旧跡 /

概要

名称真玉橋
(まだんばし)
住所沖縄県豊見城市真玉橋

アクセス

バス停:真玉橋から徒歩で0分。那覇空港から車で約20分。豊見城ICから車で約15分。

豊見城市・南風原町で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。