全国TOP >> 沖縄/観光 >> 南城市・八重瀬町 >> 富盛の石彫大獅子

富盛の石彫大獅子

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

富盛の石彫大獅子とは

富盛の石彫大獅子 石獅子で有名な八重瀬町(旧東風平町)の勢理グスクにある石彫大獅子。高さ1.54m、全長1.40m、幅50cmと、獅子像としては県内最大最古を誇っています。一説によると大火除けのため、村の守り神として設置されたと言われていて古くから町民に親しまれてきました。1974年には、沖縄県指定有形文化財に指定され、今では町のシンボルとなっています。
今週のランキング:105位 エリア:南城市・八重瀬町
ジャンル:建物 / オブジェ /

概要

名称富盛の石彫大獅子
(ともりのいしぼりうふじし)
住所沖縄県島尻郡八重瀬町富盛

アクセス

バス停:第二富盛から徒歩で約10分。那覇空港から車で約60分。那覇ICから車で約25分。

南城市・八重瀬町で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。