全国TOP >> 沖縄/観光 >> 宮古島・多良間島 >> 仲宗根豊見親の墓

仲宗根豊見親の墓

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

仲宗根豊見親の墓とは

仲宗根豊見親の墓 15〜16世紀にかけて宮古島を支配した仲宗根豊見親が、父を弔うために建造した墓。独特の「ミャーカ」と呼ばれる巨石墓の様式と沖縄本島の横穴式の設計をあわせ持つ。
今週のランキング:123位 エリア:宮古島・多良間島
ジャンル:歴史的建造物 / 旧跡 /

概要

名称仲宗根豊見親の墓
(なかそねとぅゆみやのはか)
住所沖縄県宮古島市平良西仲宗根3-4

アクセス

宮古空港から車で約20分 平良港から車で約15分

宮古島・多良間島で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。