全国TOP >> 沖縄/観光 >> 南城市・八重瀬町 >> 港川人遺跡 港川フィシャー

港川人遺跡 港川フィシャー

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

港川人遺跡 港川フィシャーとは

港川人遺跡 港川フィシャー 港川(みなとがわ)採石場跡にある旧石器時代の遺跡。1967年〜1972年にかけて、大山盛保氏によって港川石のフィシャー(石灰岩)内から約1万8000年前のものと推定される人の化石が発見され、「港川人」と名付けられました。発掘された化石の骨格から、港川人は発達した筋肉を持ち、背の低いがっしりとした体格であったことがわかります。
今週のランキング:152位 エリア:南城市・八重瀬町
ジャンル:歴史的建造物 / 旧跡 /

概要

名称港川人遺跡 港川フィシャー
(みなとがわじんいせき みなとがわふぃしゃー)
住所沖縄県島尻郡八重瀬町 港川

アクセス

バス停:港川(具志頭村)から徒歩で約5分。那覇空港から車で約40分。南風原南ICから車で約30分。

南城市・八重瀬町で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。