全国TOP >> 沖縄/観光 >> 沖縄市・うるま市 >> 仲原遺跡

仲原遺跡

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

仲原遺跡とは

仲原遺跡 仲原遺跡は、島のほぼ中央部の平地に営まれた縄文時代のムラの跡です。北側海岸に近年まで使われていた自然湧き水(インナガー)があり縄文時代から使われていたものと考えられます。遺跡一帯は元キビ畑で、土地改良事業の事前の発掘調査で竪穴住居址が発見されました。これによって不明であった沖縄県の縄文時代晩期(約2500〜2000年前)のムラの広がりや住居の大きさ、造りなどが具体的に分かってきました。
今週のランキング:221位 エリア:沖縄市・うるま市
ジャンル:歴史的建造物 / 旧跡 /

概要

名称仲原遺跡
(なかはらいせき)
住所沖縄県うるま市与那城伊計

アクセス

那覇空港から車で約100分 沖縄北ICから車で約40分 

沖縄市・うるま市で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。