全国TOP >> 沖縄/観光 >> 沖縄市・うるま市 >> シルミチュー

シルミチュー

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

シルミチューとは

シルミチュー うるま市浜比嘉島(うるまし・はまひがじま)の兼久(かねく)集落の南側山中にある大きな洞穴です。比嘉集落の南端にある108階も続く石階段を登りきると、天地を開き始めた琉球開闢―カイビャク―の祖神であるアマミキヨ、シネリキヨの居住跡があり、そこにある洞窟をシルミチュー霊場といいます。シルミチューの名前の由来は、シディーン(生まれる)とチュ(人)を意味し、子宝に恵まれない夫婦がこの洞窟に訪れたのち、子供を授かることができたということから、シルミチューと呼ばれるようになったそうです。
今週のランキング:90位 エリア:沖縄市・うるま市
ジャンル:歴史的建造物 / 旧跡 /

概要

名称シルミチュー
(しるみちゅー)
住所沖縄県うるま市勝連比嘉1609-9

アクセス

那覇空港から車で約70分 沖縄北ICから車で約40分 バス停:屋慶名バスターミナルから車で約20分

沖縄市・うるま市で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。