全国TOP >> 沖縄/観光 >> 那覇市 >> 旧円覚寺総門

旧円覚寺総門

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

旧円覚寺総門とは

旧円覚寺総門 円覚寺は琉球における臨済宗の総本山でした。尚真王が父王の霊を祀るために1492年から3年がかりで建立したと伝えられます。以後、第二尚氏王統歴代の菩提寺でした。総門は、その第一門で、正面石牆中央にあります。三間二面、一戸・単層・入母屋造本瓦葺きの八脚門で、中央一間に両開桟唐戸を設けてあり、正面部分は吹き抜けで、その奥左右に仁王像を安置していました。沖縄戦の戦禍を被りましたが、昭和43年に復元されました。
今週のランキング:255位 エリア:那覇市
ジャンル:歴史的建造物 / 旧跡 /

概要

名称旧円覚寺総門
(きゅうえんかくじそうもん)
住所沖縄県那覇市首里当蔵町

アクセス

バス停:当蔵から徒歩で約3分。那覇空港から車で約40分。那覇ICから車で約25分。沖縄都市モノレール:首里駅から徒歩で約20分。

那覇市で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。