全国TOP >> 沖縄/観光 >> 那覇市 >> 旧崇元寺第一門及び石牆

旧崇元寺第一門及び石牆

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

旧崇元寺第一門及び石牆とは

旧崇元寺第一門及び石牆 崇元寺は臨済宗の寺で、 創建は1527年(室町時代後期)と推測されています。 王府時代には舜天王以下歴代諸王の霊位を祀る国廟でした。冊封使が来琉した時には、首里城での新王の冊封に先立ち、この寺で先王の霊位を祀る儀式がおこなわれたといわれています。 崇元寺第一門は境内に通じるアーチ型の石門で、南側道路に面し石垣の中央部にあります。石の積み方は切石の布積みで、左右にアーチ式の掖門を備えています。堂宇は沖縄戦により焼失してしまいました。
今週のランキング:46位 エリア:那覇市
ジャンル:博物館 /

概要

名称旧崇元寺第一門及び石牆
(きゅうそうげんじだいいちもんおよびせきしょう)
住所沖縄県那覇市泊 1-9-1

アクセス

バス停:崇元寺から徒歩で約1分。那覇空港から車で約25分。西原ICから車で約30分。泊港から車で約1分。沖縄都市モノレール:美栄橋駅から徒歩で約15分。

那覇市で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。